ランチセミナー

21世紀プラザ交流会/08.11.19



 本年度2回目の昼食会を11月19日(水)に開催しました。
 今回は、207号室の株式会社ミウラセンサー研究所が開発した「ソーラーツインザウルス」を解説していただきました。
 この「ソーラーツインザウルス」は、JAXA(宇宙開発研究開発機構)が発明した、太陽光をより有効にエネルギー源として活用するため、可視光と赤外線に分離して別々に発電する太陽熱複合発電システムを模型化したもの。太陽エネルギーによって実際に小さなモーターが回ることを見せてくれる、小中学生向けの理科教材。既に評判を聴き付けて、注文が舞い込んでいるとのこと。
 プレゼンターはミウラセンサー研究所の小松研究員でした。ご苦労様でした。
 なお、参加者は43名のたくさんの皆様でした。
 また、会の初めに、新規加入の仙台ライフプランニングとスーパーツーバイフォー研究所の2社に自己紹介をしていただきました。